このウェブサイトは横画面には対応しておりません。
スマートフォンの向きを縦にしてご閲覧ください。

2017.10.07

久のこれまで【第2章・中学編】

なんとなく人生を振り返るブログ、前回の続きです!

前回読んでない方はこっち↓から読んでくださいませm(_ _)m

久のこれまで【第1章・幼少期~小学生編】


さてさて、小学生のとき友人Rの影響でJ-POPやロックバンドに興味を持った僕は、 ここから色々な音楽をどんどん探し始めます。

特に、Rに勧められたJanneとラルクにはどっぷりとはまり、 いつしか自分でもバンドをやってみたいと思うようになりました。

そして中学に入学ししばらく経った頃、僕はRに「バンドをやらないか」と持ちかけました。

あの時の高揚感とドキドキは今でも覚えています。

僕の誘いにRは乗ってきました。

さあ俺はなにをやろう?

ボーカル→カラオケは好きだけど別に歌がそう上手いわけでもないしなあ

ベース→ベースねえ。なんかピンとこんなあ(ベーシストのみなさんほんとすみませんでしたm(_ _)m。今はベース大好きですよ笑)

ドラム→うん、何か楽しそうだからいいんじゃね?

こうしてドラムを担当することになったひさし少年。

中学1年のとき「高校の入学祝いでドラムを買ってくれ」と両親に無茶なお願いをし、(中学の入学祝いはもうもらっちゃってたため)

なんとかPearlのドラムセット(これ↓)をゲット。

ここからラルク、Janneはもちろんのこと、B’zやORANGE RANGE、UVERWorld, X JAPANなど、いろいろな曲をどんどんコピーしていき、少しずつ上達していきました。

それから同じバスケ部のメンバーを誘ってベースとボーカルを揃え、 中3の文化祭で人生初めてのライブをやりました。

初めてのライブは本当に本当に楽しかったのを覚えています。。。!

文化祭後も、メンバーとちょくちょく集まってコピーとかをやってましたが、高校受験が近くにつれそれもなくなっていきました。

とにかく中学の頃はバンドに始まりバンドに終わる日々で、

このころのバンド活動が、ドラマーとしての自分の原点になっていると思います。

高校編に続く!!